MENU

住宅ローン控除が終わったら

NEWS

 

新居を購入して住宅ローンを組んだ場合、毎年の年末調整で住宅ローン控除を申告することで税制税お得になります。

 

この住宅ローン控除は税金の対象となる金額から直接控除されるので、インパクトの大きい金額が返ってくる人が多いです。

 

住宅ローン控除は時期によって10年程度の控除期間があって、その間はローン返済残額に応じて控除される金額が決まります。

 

この期間は毎年年末調整で数万円〜数十万円の金額が戻ってくることになる人もいます。

 

なので住宅ローン控除期間が終わったら、楽しみにしていた年末調整が味気ないものになってしまうので悲しいです。

 

でも、住宅ローン控除が終わった今だからこそ、するべきことがあります。

 

 

それは住宅ローンの借り換えです。

 

 

残債や返済期間・金利差などの条件を考慮しないといけませんが、うまくいけば数十万円〜数百万円の返済額を減らすことが可能です。

 

今借りている銀行はもちろん、他の銀行やネットバンクなどに相談したりシミュレーションして比較してみるといいです。

 

特に日銀がマイナス金利政策を打ち出して以降は、各銀行がローン金利の引下げを打ち出しています。

 

また、銀行は金利を下げるだけでなく融資を増やしたいので、ローン審査も多少借りやすくなる傾向にあります。

 

住宅ローン控除はすぐに現金が手元に入ってきますが、住宅ローンの借り換えは総返済額を少なくする方法です。

 

それだけに今すぐ大金が手に入る訳ではありませんが、これから出て行くお金を減らすことができるという意味では大きなメリットが享受できます。

 

住宅ローン借り換えは銀行に相談するとシミュレーションしてくれますので、諸費用などを差し引いいてどれくらいの金額メリットがあるか検討してみましょう。

 

家のローンを借り換える目安とは

金利情報

 

家のローンは長期間支払い続けるものです。

 

そしてその支払い総額は非常に大きな額となります。

 

ですから、金利がわずかでも異なれば、支払総額も大きく異なってきます。

 

もし今契約している家のローンより、金利条件のよい住宅ローン商品がある場合にはローンを借り換えることを考えてみることも必要です。

 

ただし、今のローンより金利が少ないからと言って闇雲に契約を切り替えては意味がありません。

 

住宅ローンの切り替えを行うタイミングには三つの目安があると言われおり、その目安に当てはまるか否かが問題となってきます。

 

 

借り換えの目安とは

この目安とは、『現在契約している住宅ローンとの金利差が1パーセント以上であるか』、『返済期間が10年以上残っているか』、『支払いの残高が1000万円以上であるか』です。

 

まず金利の面でみていきますと、前述したように住宅ローンは長期間支払いますから金利が数パーセント異なるだけで支払総額が大きく変わります。

 

しかしその金利差があまり無い商品に契約を切り替えたとしてもローン契約手数料などの諸経費を考えるとほとんどメリットは無く、逆に損をしてしまう可能性もあります。

 

損をしない金利差の目安が1パーセント以上なのです。

 

また、返済期間が10年以上ある場合もローン契約切り替えの目安となります。

 

10年をきると契約を切り替えても逆に損をしてしまう場合がありますが、返済期間が残り10年以上ある場合に切り替えを行えば、毎月の支払額が軽減されるケースもあるのです。

 

ローン残高も目安の一つであり、1000万円以上残りがある場合に契約切り替えをお勧めします。

 

ローン借り換えには手数料などの諸費用が必要ですので、残額が多くない状況で契約の切り替えを行っても手数料によって損する場合があるのです。

 

このような条件が借り換えの目安と言えます。

 

住宅ローン借り換えで人気の固定金利

金融機関

 

今、現在住宅ローンを借りている人が、今後検討すべきなのは「借り換え」であり、余程の資産がない限り繰り上げ返済はその分元金が減るだけで金利上昇には直接対応できるものではありませんので注意が必要です。

 

ここ数カ月史上最低金利なので、絶好の住宅ローン見直しの時期であることに間違いはありませんので、金利が低い固定金利タイプのローンに人気が集まっています。

 

現時点で、ローン残高がかなり残っているならば、今後の変動金利で不安になるよりは、この史上最低金利の時に10年固定にすれば、少なくても10年間は安心して確実にローンが返還できます。

 

 

特に子供が成長期であれば、この10年は大きいので、チャンスとも言えます。

 

ただ、その際には抵当権の抹消や設定の費用や保証料などの経費がかなりかかり負担となりますが、保証料のいらない銀行から借りるなどの選択肢もあり、比較検討することも大事です。

 

次は注意点ですが、現在の毎月の返済額を減らさずに返済期間を短くすることが大切です。

 

目先の減額よりも現在のままの返済額をキープして、60才時点のローン残高を大幅に減らす事に着目したほうが、公的年金が、直ぐに受け取れない世代には後々、楽に生活のプランが立てられるでしょう。

 

まとめとして、繰り上げ返済よりも現在よりも金利の低い固定金利のものにして利息を減らし、返済期間を短くして利息を圧迫し、保証料も減らすとかなり現在よりもメリットのある住宅ローンを組むことが出来ると考えます。

 

マイナス金利で住宅ローン借り換えに影響はあるか?

 

更新履歴